ブログ


お風呂掃除はどれぐらいの頻度で行えばいい?

 

お風呂掃除はどれぐらいの頻度で行えばいい?

 

 

この記事を読むための時間:3分

 

お風呂は生活の中でよく使う設備の一つです。

 

自分自身を清潔に保つための設備ですから、お風呂自体も清潔な状態を維持できていなければなりません。

 

お風呂掃除をしているという方は多いでしょうが、実際にどれぐらいの頻度で行えばよいのか、効率的な方法はどのようなものか、チェックして毎日の暮らしに活かしていきましょう。

 

 

 

毎日取り組んで汚れをためない

 

お風呂は毎日使うものですから、出来れば毎日掃除を行いましょう。

 

もちろん多くの時間をかけて行う大規模なものは別ですが、ちょっとした汚れであれば日々落としておいたほうがこびりつきにくく落ちやすいので、結果として手間がかからないということになるのです。

 

見えなくても皮脂やせっけん、シャンプーなどの成分が付いていることがあります。

 

放置しておくと雑菌が繁殖して不潔ですし、ぬるぬるした状態になってしまいます。

 

そのまま使い続けると、清潔に使えないというだけではなく、汚れもこびりついて落ちにくくなってしまうのです。

 

そうなると通常の掃除では対応できず、強い薬剤を使ったり、力を入れて擦ったりしなければならなくなります。

 

そのため、頻度としては毎日お風呂掃除をするのが正解です。

 

特に問題が無ければ、お風呂から上がった時に掃除をしてしまうのがおすすめです。

 

直前まで温かいお湯が入っていた状態であればバスタブも浴室も温まっているので、こするだけでも簡単に汚れが落とせます。

 

冷えてしまうと汚れが固まり、落ちにくくなるので注意しましょう。

 

浴室にも汚れが飛び散っているので、汚れが気になる所はスポンジなどでこすり、全体を水やお湯で流しておきましょう。

 

そのうえでしばらく換気扇を回して乾燥させれば、カビなども生えにくくなります。

 

こうした簡単な掃除は毎日行いましょう。

 

 

 

 

週に一度はしっかり掃除を

 

普段は洗剤などを使わずに掃除をしていても、ある程度汚れを落とすことはできます。

 

しかし、それでも落ちにくい汚れは徐々に溜まってしまいます。

 

そういった汚れをきちんと落としていくためには、たまにきちんと洗剤を使うなどして掃除を行うことが必要になります。

 

できれば週に一度など、休みの日などを利用して行うようにしていくとよいでしょう。

 

目に見える汚れがなくても、バスタブや床、壁などは綺麗にしておきたいものです。

 

市販のお風呂掃除用の洗剤を利用して掃除をしていきましょう。

 

基本的には掃除をする場所を濡らしておき、洗剤を付けて擦っていくということになります。

 

特に汚れが見えている部分は重点的に行いましょう。

 

毎日ざっとでも掃除をしておけば、それほど負担にはならないはずです。

 

週に一度程度、時間をかけて掃除をする時間を持ってみましょう。

 

また、カビなどが気になってきたら、カビとりなどを行う必要もあります。

 

月に一度程度確認してみて、気になったら取り組んでみましょう。

 

 

 

 

季節の変わり目に大掃除を

 

季節が変わると汚れの付き方、落ち方も変わってきます。

 

そのタイミングで一度本格的にキレイにしておくのがおすすめです。

 

季節の変わり目、あるいは半年ごとなどの頻度で、プロにお風呂掃除を依頼してみましょう。

 

お風呂掃除をしてくれるお掃除サービスを定期的に利用していくことで、自分では手の届かない部分の掃除や落ちなかった汚れが綺麗にできるといったメリットがあります。

 

いつまでも清潔で使いやすいお風呂を維持していくために、こうしたサービスの利用も検討してみてください。

 

 

 

 

日々の掃除とお掃除サービスを組み合わせて

 

お風呂を綺麗に保っていくには日々の掃除が重要になってきます。

 

しかし、それだけでは対応できないことも出てくるものです。

 

強い薬剤を必要とするなど、自分ではこなしにくい作業や手間がかかる部分はお掃除サービスを利用するなど、上手に組み合わせていくことで清潔なお風呂を保ちやすくなり、健康な暮らしに役立っていきます。

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 TOTAL CLEAN SERVICE. All rights Reserved.