ブログ


掃除はアルカリ性・中性・酸性が基本!その1

重曹

重曹はアルカリ性?それとも酸性?pHはどれくらい?

 

・汚れを落とすのに便利と聞いて重曹を活用している人は多いと思いますが、いつも迷ってしまうのが「アルカリ性」や「酸性」といった性質の話ではないでしょうか。

 

・今回は、そんな重曹の性質についてくわしく紹介します。アルカリ性なのか酸性なのかしっかり理解して、掃除に活用してくださいね。

 

そもそも「アルカリ性」や「酸性」とは?

 

アルカリ性や酸性とよく聞きますが、一体何なのでしょうか?

 

アルカリ性や酸性というのは、水に何か物質を溶かしたときに現れる性質のことです。

ただの水は何の性質もないので「中性」、それに何かを混ぜるとアルカリ性や酸性などの性質をもつようになります。

 

PH値標

 

アルカリ性や酸性のなかにも強さがあり、pH(ペーハー)という0~14の数値で表されます。

ほぼ中間にあたるpH6~8は「中性」と呼ばれ、水道水などはこれにあたります。

pHが14に近づくほど「アルカリ性」、0に近づくほど酸性の強い液体となります。

小学校時代に理科の実験で使ったリトマス試験紙はまさにこの性質を調べるための道具。

液に浸して赤色の紙が青色に変化したらアルカリ性、青色の紙が赤色に変化すると酸性を表します。

 

 

重曹は何性?アルカリ性と酸性どっち?

 

 

では、重曹はアルカリ性、中性、酸性のどれに当たるのでしょうか?

 

重曹は水に溶かすと「アルカリ性」を示します。粉の状態だととくにアルカリ性も酸性もありません。

この性質が汚れを落とすときに重要で、アルカリ性の重曹を使うと、対極にある酸性汚れを中和してふやかして落としやすくします。

酸性汚れの代表は「油による汚れ」。なので、キッチン掃除などに使えるわけです。

 

ちなみに…

酸性の性質をもつ掃除グッズは「クエン酸」。対極のアルカリ性汚れを落とすのに便利で、水垢などを落とせます。

 

重曹のアルカリ性のpHはどれくらい?

 

PH値測定

 

重曹がアルカリ性とわかったら、0~14の強さがどれくらいなのかも気になりますよね。

 

重曹のpHは8.2ほど。水道水がpH6~8なので、実はアルカリ性はそれほど強くなく、アルカリ性のなかでも「弱アルカリ性」と呼ばれる部類に属します。それほど作用が強いわけではないのです。

もともと自然由来の物質で、飲んでも害がないほど安全。

料理のふくらし粉や胃薬としても使われているほどです。

もちろん素手で触っても問題ないので、小さい子供がいるおうちなどでも安心して使えます。

さらに、重曹は人体にやさしいだけでなく、川に流れたり、土に埋めたりしても環境への害も少ない優れものといえますね。

 

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 TOTAL CLEAN SERVICE. All rights Reserved.