ブログ


ハウスクリーニングで家の汚れから赤ちゃんを守ろう!

私たちの目には見えませんが、部屋の空気中には大量のカビが浮遊しています。

その空気中に舞っていたカビはやがて床に舞い落ちるため、部屋の床掃除にはこまめに行うようにするのがおすすめです。

また大量のカビが空気中を浮遊することでカビ胞子が撒き散らされ、食べ物以外にも壁・床といった部分に付着し、そこからまた新たなカビが発生することになります。

カビの粒子は花粉以上に細かいため人間の鼻・口に限らず、乾燥が激しい肌や傷口から体内に侵入していき、アレルギー・感染症などを引き起こしてしまう原因にもなります。

健康体であっても免疫力が低い方であればアレルギー・感染症に感染してしまうケースも珍しくはないのです。

特に赤ちゃんや小さな子どもは免疫力が低いため、アレルギー・感染症にかかって「アトピー」「ぜんそく」になってしまうこともあります。

家庭全体に悪影響を及ぼしてしまうため、カビを繁殖させないようこまめに掃除することが大切です。

 

 

出産前にハウスクリーニングで掃除しておきたい箇所

赤ちゃんがいるご家庭で一番清潔に保っておきたい部分は、「床」!

床に座りながらおもちゃで遊んだり、フローリングの上をハイハイで移動したりする赤ちゃんは、家族の中でも床からの距離が一番近い存在だと言えます。

赤ちゃんは大人とは異なり、普段は床から数㎝ほどの位置で長い時間を過ごすことになるのです。

しかし、床には髪の毛・ホコリ・カビ・ハウスダスト・花粉といった汚れに加え、皮脂や食べこぼしによる油汚れも付着している場合があります。

床上にあるのは目に見える汚れだけではないため、想像以上に汚れている可能性が高いです。

 

浴室

赤ちゃんには清潔なお風呂に入って、いつでも綺麗でいてもらいたいものですよね。

そのため、出産前に浴室クリーニングを依頼する方も非常に多いです。

浴室にはタイル壁・床・排水溝・エプロン内部・パッキン部分など、さまざまな箇所に黒カビ・赤カビが生えている場合があります。

また毎日掃除していても、石鹸カス汚れ・皮脂汚れなどを自力で落とすのは非常に難しいため、一見綺麗に見えていたとしても実は衛生的でないことも少なくないです。

 

エアコン

出産前には、業者にエアコンクリーニングを依頼される方も少なくありません。

エアコン掃除として、エアコンフィルターを取り外して表面掃除はできたとしても、エアコン内部までの掃除は個人では行うことはできません。

しかしエアコンクリーニングを長期間行っていないと、エアコン内部にカビが大量に発生し続けてしまいます。

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 TOTAL CLEAN SERVICE. All rights Reserved.